核酸サプリの【原料】

核酸のサプリは何から作られているか?

核酸,サプリ,原料

核酸のサプリメンとは何が原料なのか?を調べていきます。

 

サプリの場合、箱の説明書きに成分などは書いていても、元になった原料などは記載されてない事も多いので、気になりますよね。

 

何から取られたのか、徹底解説します!

核酸の原料はほぼ、白子の酵母

核酸のサプリはいくつか流通していますが、白子と酵母を原料にしたものがほとんどでした!
核酸というのは、DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)という二つを合わせて核酸と呼ばれます。
では個別に解説していきます。

DNA(デオキシリボ核酸)の原料は白子だった!

核酸,サプリ,原料

核酸の一つ、DNA(デオキシリボ核酸)の原料に使われているのは鮭の白子。

 

もともと、核酸というのは様々な食品に含まれています。
豚肉にも、バナナにだって含まれています。
食品の中で比較的に核酸を多く含んでいるのが海産物だそうです。

 

その海産物の中で、特に多くの核酸を含んでいるのが白子なんですね。
DNAは細胞分裂に必須ですから、白子に多く含まれるというのは納得がいきます。

 

白子と聞いて、ピンと来ない方は、回転寿司に行った事を思い出してみて下さい。
多分、一度は食べた事あるはず!
白子の軍艦巻き

 

RNA(リボ核酸)の原料は酵母!

ビール酵母

核酸のもう一つの成分、RNA(リボ核酸)の原料は酵母から作られていることがほとんどでした。
主に多く使われているのがビール酵母。

 

一昔前に、ビール酵母が身体に良いと流行っていたのをご存知でしょうか?
あの時はビタミンやミネラルが豊富だという事と「胃腸に良い」という事で話題になりましたが、RNAを多く含んでいたという隠れた性能があったんですね。

 

酵母と言うのは、アルコールやパンなど、発酵が必要な食品に多く含まれています。酵母菌という微生物です。